グラフィックデザインについて

グラフィックデザインについて

HOME グラフィックデザイン究極のリファレンス デジハリデザインスクールズシリーズ 魅せる、彩る、華やぐ技! 運営者 ブログ

グラフィックデザイン Illustrator&Photoshop (デジハリデザインスクールシリーズ) [大型本]



内容紹介

マルチメディアスクール「デジタルハリウッド」のオンラインスクール教科書をそのまま書籍化したシリーズ「デジハリシリーズ」のグラフィックデザイン(Photoshop&Illustrator)の書籍です。架空のカフェで使われる、ロゴ、名刺、メニュー、チラシなどを作成しながら、各アプリケーションの使い方を学んでいきます。デジタルハリウッドの監修のもと、初心者から読めるレベルになっており、この書籍を一冊読めば、Photoshopと Illustratorの基礎を習得できる内容になっています。CS3対応。

内容(「BOOK」データベースより)

実際にデジハリの授業で使われているテキストを書籍化。各作品(ロゴマーク・地図・名刺・フライヤーなど)を実際に作りながら学習を進めるので理解が深まります。作品の作成手順を1つ1つすべて丁寧に解説。実際の現場でよく使われるIllustratorとPhotoshopの連携も説明。


By 
ノーバディ (名古屋)
レビュー対象商品: グラフィックデザイン Illustrator&Photoshop (デジハリデザインスクールシリーズ) (大型本)

私はDTPの会社で事務の仕事をしているのですが、
職場のPCに入っているイラストレーターとフォトショップを勉強したくて、
本屋さんで色々と見比べて買いました。

この本を選んだ決め手はパソコンスクールの
デジハリ(うちの職場に卒業生がいます)の本だったことと、
パッと見た時に内容がわかりやすそうだったからです。

一時期、職場のデザイナーに勧められて
別の本を貸してもらい勉強してみたのですが、
機能の説明ばかりで、その機能をどう使えば、
何を作れるのかわからなくて、つまずいてしまいました。

でもこの本は、実際に職場でデザイナーが仕事で作っているような
チラシとか名刺なんかを作りながらイラストレーターとフォトショップの
勉強ができるので面白いです。

本を読みながらイラストレーターとフォトショップを操作していくと、
チラシ、ポストカードとかを作れたので勉強した実感もあります!

もう一通り勉強を終えましたが、職場のデザイナーに色々と
質問できるレベルになれたので、もっと勉強して、
色々と作れるようになってみたいという気持ちになりました。


By 
Chilango (日本)
レビュー対象商品: グラフィックデザイン Illustrator&Photoshop (デジハリデザインスクールシリーズ) (大型本)

ひとつひとつのコマンドの説明が書かれている本が多いのですが、機能がわかっても、それをどのように応用させればいいのか分からず、IllustratorやPhotoshopをなかなか活用できなかったのですが、この本はデザイナーがどのように使っているのかという流れで説明してあるので、とても分かりやすいし、楽しく勉強することができました。

また、有名な専門学校が出している本というだけあって、初心者にも理解しやすく、操作ミスによる迷子にもならないように、うまく書かれた内容だと思いました。やはり教え慣れている人が書いているテキストだとやりやすいです。

By 
ぷーさん (大阪府大阪市)
レビュー対象商品: グラフィックデザイン Illustrator&Photoshop (デジハリデザインスクールシリーズ) (大型本)

初めてIllustratorとPhotoshopを触る方にピッタリのテキストです。ただし、操作方法はわかりやすく説明がありますが、一歩踏み込んだ説明がないのが若干の不満です。
基本操作を学びたい方にはお勧めです。